svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

EVENTS

Daniel Wangの愛を詰め込んだ虹色のパーティーDISCO! DISCO!! DISCO!!!

We can’t stop dreaming.

Mixmag Japan | 4 May 2018

Daniel Wang, Monkey Timers, イルリメ, CONTACT, Mixmag Japan

1年に1度の虹色のパーティー<DISCO! DISCO!! DISCO!!!>。5月12日(土)、再びDaniel WangがContactに帰還する。この時期になると、そろそろ彼が紡ぐディスコサウンドが聴きたくなるものだ。

クラシックなダンスチューンを基調に、ただひたすらにピースフルなDJ。フロアで踊る僕たちは、抗いようもなく笑顔になってしまう。90年代至高の名曲『Like some dream (I can’t stop dreaming)』も、いまだに多くのDJやリスナーから愛されている。それはまさに「普遍的多幸感」。時代が変わっても常に必要とされる音楽だ。

そんな彼を迎え撃つのは、(((さらうんど)))としての活動やラッパーのイルリメとしても知られるJun Kamodaと、新世代のブライテストホープMonkey Timers。ラウンジには野村訓市が率いるMild Bunch Sound Systemが、サンフランシスコで話題のレーベル<Public Release Recordings>主宰のEugene “Eug” Whangを迎えて登場する。

Monkey Timers – 『MONK』

強力ラインナップと共に徹底的にディスコする一夜である。

■DANIEL WANG (Balihu Records | Berlin)
昨今のハウス・シーンにおけるダブ・ハウス系のムーブメントと共に再評価されたレーベルBalihuのオーナーでありディスコ・ダブ・サウンドのオリジネーターであるDaniel Wang。80年代後期のニューヨーク在住時に耳にしたファンキーなハウス・ミュージックに衝撃を受け、自らのレーベルBalihuを設立。レアなディスコ・サンプルが盛り込まれている不朽の作品「Like some dream (I can’t stop dreaming)」を筆頭に数々の名曲を発表した。ソーホーの楽器店で働くようになってからはムーグやテルミン、ヤマハのシンセサイザーなどを駆使し、100%オリジナルのトラックを制作。90年代後期にはMetro AreaのMorgan Geistが主宰するレーベルEnvironから作品をリリースしたほか、Ghostly、Playhouseなど数々のレーベルからも作品を発表している。ダンス・ミュージックの中心地がニューヨークからヨーロッパへと移りゆく中、2003年に拠点をベルリンに移動。ハウス/イタロ/クラシックなどを織り交ぜるユニークなDJスタイルで世界中のフロアーを賑わせ、ここ日本でも野外フェスTAICOCLUBなどのビッグ・パーティから、アンダーグラウンドなクラブまで場所を選ぶことなく、ダンス・フロアを笑顔で埋め尽くしている。2009年にはBalihuの軌跡を包括したベスト・アルバム『THE BEST OF BALIHU 1993-2008』をリリース。シーンの動向に左右されない恍惚の世界観が凝縮された七色のディスコ・アルバムとして好事家を狂喜させた。そして2015年、1年以上にも及ぶ制作期間を経て、世界最高峰のディスコ・レーベルであるサルソウルのオフィシャル・ミックスCDをリリース。フィリー・ディスコからミュンヘン・サウンド、エレクトロまで、サルソウルが誇る膨大なカタログと物語を1枚にまとめあげた至高の内容となっている。彼のスタイルは、決して奇抜なものや派手なものではなく、むしろどこか懐かしくノスタルジックな感覚を持ち、しかしながら懐古趣味のガラージ回帰とも違うソウル・ミュージックのような温かみと愛情が溢れている。20年近いキャリアの中、多いとは言えないリリース数にも関わらず、絶えず現場から支持を受け続けているのは、常に音楽に対して真摯に向き合う彼のアティチュードがカタルシスを与えてくれるからだろう。

Daniel Wang, Monkey Timers, イルリメ, CONTACT, Mixmag Japan

なお、Daniel Wangは今回、Contactのほか以下の日程で全国のクラブを回る予定だ。

5/11(FRI)浜松 Planet Cafe
5/12(SAT)渋谷 Contact
5/13(SUN)岡山 YEBISU YA PRO
5/18(FRI)金沢 DEF
5/19(SAT)新潟 Progressive Energy
5/20(SUN)福岡 Desiderata

また、ツアーをサポートするbalとBalifu Recordsによるコラボアイテムが会場特別価格で販売される。そちらも要チェック。

Balihu Records×bal T-SHIRT
会場特別価格 : 4000yen
Color : White/Black
Size : S/M/L/XL

Daniel Wang, Monkey Timers, イルリメ, CONTACT, Mixmag Japan


■DISCO! DISCO!! DISCO!!! supported by bal
日時:2018年5月12日(土)
場所:Contact Tokyo
¥1000 Before 11PM
¥2000 Under 23
¥2500 GH S Members
¥3000 W/F
¥3500 Door
<イベント詳細>
http://www.contacttokyo.com/schedule/disco-disco-disco-2/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!