svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

EVENTS

長野こだまの森で開催される「FFKT」にDJ NOBU、Mount Kimbie、Luke Vibert、RHYEらが登場!

満を持して。

Mixmag Japan | 12 February 2019

FFKT, FFKT, TAICOCLUB, FFKT チケット, Rhye, Mount Kimbie, Cornelius, Powder, mixmag

⻑野県・こだまの森において2006年より13年にわたって開催されてきたタイコクラブ。その創設メンバーによって主催される後継フェスティバル、「FFKT’19」が満を持して第⼀弾アーティストラインナップを発表した。

Bruce (UK) / Cabanne (FR) / Chee Shimizu (JP) / Clark (UK) / Cornelius (JP) / DJ NOBU (JP) / Donna Leake (UK) / Florian Kupfer (DE) / Hibiya Line (VN) / Jan and Naomi (JP) Joe Armon-Jones (UK) / Lee Gamble (UK) / Luke Vibert (UK) / Mendy Indigo (TH) Mount Kimbie (UK) / MURO (JP) / Powder (JP) / RHYE (CA) / Shinichi Atobe (JP) Skee Mask (DE) / Tajima Hal (JP) / Tentenko (JP) / Visible Cloaks (US) / WONK (JP) …………and more.

海外勢は昨年5⽉のジャパンツアーも好評だったRHYE。こだまの森の星空のもと、マイケル・ミロシュの⽢美な歌声が響き渡る。Warp RecordsからはClark、Luke Vibert、Mount Kimbie、また、南ロンドン・ジャズシーンの重要⼈物Joe Armon-Jones、Bruce、Skee Maskなどの次世代アーティストや、ベトナムからHibiya Line、タイよりMendy Indigoなどの実⼒派が集結。⽇本からはSonar Festival、MUTEK.JPで圧巻のステージを披露したCorneliusをはじめ、年を重ねるごとに海外での評価を⾼めているDJ NOBU、昨年のタイコクラブでトリを飾ったPowderなど、多彩なラインナップが実現した。

Rhye: NPR Music Tiny Desk Concert

成⻑著しいアジアのアーティストにも⽬を向けつつ、世界各国よりピックアップされたアーティストたちが、それぞれ違ったテーマや意味を持つ計3つのステージに出演。⾳楽だけでなく「⾷」もアートの⼀つと捉え、屋外フェスティバルでは味わえないような有名レストランの出店も予定している。フードエリアでは⾒知らぬ来場者同⼠が気軽に情報交換したり、思わず⻑居してしまうような空間演出でおもてなし。

Hibiya Line Boiler Room x Budweiser Hanoi DJ Set

Donna LeakやHibiya Lineは渋谷のContactで開催されたFFKTのキックオフイベントに出演しているが、いずれも素晴らしかった。現段階でもアンダーグラウンドやオーバーグラウンド、国籍やジャンルを越境するラインナップだが、今後のアナウンスにも大いに期待したい。


公式サイト:http://ffkt.jp/2019/
⽇時 :2019年6⽉1⽇(⼟)-2⽇(⽇) オールナイト公演
開演:1⽇(⼟) 14:00(予定)
閉演:2⽇(⽇) 14:00(予定)
会場:やぶはら⾼原「こだまの森」(⻑野県⽊曽郡⽊祖村⼩⽊曽3362)
主催:FFKT事務局
チケット:前売券\15,000 / 前売券+場内駐⾞場券\18,000 / テントサイト利⽤券\3,000 (1張につき)
※駐⾞券のみの販売は⾏っておりません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!