svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

EVENTS

Nathan Gregory Wilkins、待望の初来日!!

変幻自在のダーティーサウンドを見逃すな!!!

Mixmag Japan | 24 July 2018

Nathan Gregory Wilkins, AOYAMA Zero, Cowboy Rhythmbox, mixmag

DixonやJackmaster、マルセル・デットマンなど、名だたる大物を魅了するエレクトロニック・デュオCowboy Rhythmbox。その片割れであるNathan Gregory Wilkins(ネイザン・グレゴリー・ウィルキンス)が、7月27日(金)にaoyama ZEROで開催されるパーティー「Fed Up vol.3」に登場する。そもそも来日自体これが初めてゆえ、本イベントのアナウンスがあった瞬間から日本のクラブシーンは大いに沸き立った。

Cowboy Rhythmbox – 『Rattle』

エロル・アルカン主宰の人気レーベル「Phantasy」で今やすっかり看板アーティストとなったCowboy Rhythmboxだが、個々の技量も相当なものであることはあまり知られていない。リチャード・Xはこれまでにアニーやケリスなどの人気シンガーを数多くプロデュースしているし、今回来日するネイサン・グレゴリー・ウィルキンスも自らのレーベル「History Clock」を立ち上げている。ウィルキンによる肝心なDJもこの通り、文句なしだ。

そして国内からは東京のNu Discoシーンの指標的パーティと評され、先月のソウルツアーでも話題を集めた「Huit Etoiles」を主催するtamaruとSotaroがレアなB2Bを披露。さらに同パーティーのメンバーであり「Fed Up」を主催するButch、東京出身の音楽家・デザイナー・スケーター達によって2006年に設立されたレーベル「Hole and Holland」からHaruka Katagataらがラインナップに名を連ねる。ウィルキンス以外も充実のラインナップだ。

第3回目を迎える「Fed Up」、ダーティーで変幻自在なサウンドがフロアを彩る。


■ Fed Up vol.3
日時:2018年7月27日(金)
場所:aoyama ZERO
Start 23:00
Door 3,000yen 1D
<イベント詳細>
http://aoyama-zero.com/club/3855/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!