svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

EVENTS

WOVENのストリーミング・エディションがContactから配信!

3人のオールラウンドなDJによる珠玉のミックスを聴け!!

Mixmag Japan | 23 February 2021

WOVEN, WOVEN Contact, mixmag

これまでに渋谷のContactで3度の開催を経て、2月27日(土)には新型コロナウイルスの感染拡大によるクラブ営業自粛を受けて初のストリーミングのみで行われるWOVEN。このパーティは、国内のDJ/プロデューサーを招聘し、東京のクラブカルチャーを再び“編み込む”コンセプトをもとに開始された。今回も、3人のDJによる珠玉のミックスが配信される。

この記事では、出演する3人について紹介しよう。


YOUFORGOT (UGFY)

東京を拠点に活動するDJ/コンポーザー/映像作家/アートディレクターからなるアーティストコレクティブ〈UGFY〉の主宰。また、ShigeoJD (SBK, The Samos)、DJ MAAR、Mustache Xらによる可変型創作プロジェクトFake Eyes Productionのメンバーとしても活動中。90’s ヒップホップやシカゴハウスなど、ブラックミュージックをバックボーンにしつつ、テクノやオブスキュアな生音をミックスする。様々な音像をクロスオーヴァーしながら、時おり大味な選曲を大胆にやってのける。いつぞやのVENTでは明け方にNew Orderの「Tutti Frutti」プレイし、素晴らしい夜に幕を下ろした。そのようなスタイルがサマになる、さながらAndrew Weatherallを彷彿するヴァーサタリティ(多様性)を持ったプレイヤーである。


ZENTA

2012年よりカナダ、トロントにて8年間DJ/プロデューサーとしての活動を経て、2020年秋に東京へ帰還。とんでもない才人が帰郷した。トロントのレーベル〈Hypnotic Mindscapes〉を主宰するひとりとして、Nicolas Lutz、Evan Baggs、dj masda、Dan CurtinやNicola Cruzなどを招聘し、パーティを開催してきた。なお、昨年同レーベルからリリースされたコンピアルバム『Hypnotic Mindscapes Vol. 1 』に曲を提供したFauna Extintaは、Nicola Cruzの別名義である。現時点でワールドクラスの経験と知識を備えたDJの今後に期待。テクノやハウスのほか、フューチャー・ジャズ的世界観を構築するのも達者だ。


Torei

京都からやって来たダンスミュージックのホープ。圧倒的な知識量と、ジャンルに関わらずグッドバイブスをかぎ分ける嗅覚を持つ。自身のレーベル〈Set Fire To Me〉より12インチ「SFTM001」、Reggae Shop NATのレーベル〈Shinjuku Tracks〉よりミックスCD『Strange Addiction』をリリース。NTSやNoods、英レーベル〈Coastal Haze〉のポッドキャストシリーズなどにミックスを提供しており、国内外問わず活躍の場を広げている。昨年11月にContactで行われた「mano a mano」(上に貼ったサンクラ音源参照)、今年の1月に行われた「Alien Family」でも素晴らしいミックスを聴かせてくれた。


■ GH STREAMING WOVEN by Mixmag Japan
2021.2.27 (Sat.)
@ Contact Tokyo
<イベント詳細>
https://www.contacttokyo.com/schedule/woven-by-mixmag-japan/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!