svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

EVENTS

2018年を代表するスーパーノヴァ、Yves Tumor緊急初来日!

混沌とした内省と衝動

Mixmag Japan | 11 December 2018

Yves Tumor, Yves Tumor 来日, Yves Tumor Safe In The Hand Of Love, mixmag

12月20日(木)、年の暮れに最高のショーケースが予定されている。渋谷のContactにて開催される、Yves Tumorの最新作『Safe In The Hand Of Love』のリリースパーティー。今年のライジングスターと言って差し支えない、超新星の初来日である。

つい先ほど、Pitchforkが「The 50 Best Albums of 2018」を発表した。順位こそ10位であったが、アルバムレビューだけ見ると“9.1点”と、本作は年間最高得点を叩き出している。内省と衝動が入り乱れ、極めて不気味な様相を呈するアルバム『Safe in the Hands of Love』。2018年のエクペリメンタルミュージック代表する一作だ。

Yves Tumor – 『Licking An Orchid (ft. James K)』

「人々は私を見て困惑している。でも、それでいい」。彼はそう言って不敵に笑う。ファルセットとも叫びとも解釈できる歌声によってリスナーをカオスに巻き込み、悪夢のような音世界へと誘うのだ。本作で彼は<PAN>から<Warp>へと移籍したのだが権威的になるどころか、ますますその音楽性は鋭利に研ぎ澄まされた。もちろん、エンターテイメントとしての側面も十二分に持ち合わせている。90年代のR&B、アンビエントの空間的な音作り、ドリームポップ…。彼が作る音楽は、実験的ながらも、ポップミュージックとして大いに評価される内容である。今回のショーケースはLive Setが予定されているが、ネット上にはオフィシャルなライブ映像が見当たらなく、実態は未知数。彼のアーティスト像よろしく、ライブのイメージも曖昧というわけだ。それがまた、面白い。

Yves Tumor – 『Noid』

また、共演には、モジュラーシンセを取り入れたボーカルパフォーマンスが話題のmachìnaと、原宿のBig Loveから透明感のある浮遊オルタナポップを発表するAya Gloomyが決定!

ラインナップもバッチリである。2018年のモンスターを迎え撃つ準備は整った。


■ Yves Tumor 『Safe In The Hand Of Love』 release tour
12月20日(木)
@ 渋谷 Contact
Open 18:30 Close 23:00
¥2500 (別途1D ¥600) Door
¥2000 (別途1D ¥600) Advance / Before 19:30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!