svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

FEATURES

FUJI ROCK FESTIVAL 2018 | RED MARQEE & PALACE OF WONDER

雨にも、風にもマケズ、今年もミラクルだった夜のフジロック

Mixmag Japan | 27 December 2018

FUJI ROCK FESTIVAL, フジロック, フジロック 2018, レッドマーキー, PALACE OF WONDER, mixmag

今人気のダンスミュージックを始め、世界のコアなサウンドを聴くことができるフジロックの夜。今年も、RED MARQEEと、PALACE OF WONDERで開催された深夜の部で、昼には味わえない時間を楽しんだ人たちが多かったと思う。各々のステージを長年にわたり、制作してきたスタッフの方々にとって、今年の夜のフジロックはどうだったのか、話を聞いた。


「RED MARQEE」制作担当、スマッシュ高崎亮聞いた今年のフジロック

— RED MARQUEEでは、今年もさらに進化したサウンドが聴けたと思います。今年は、最終的にどのようなラインナップに落ち着いたと思いますか?

高崎亮(以下、T) 今年は、ケンドリック・ラマーの出演がありましたので、その流れに合わせ、土曜はヒップホップを中心に並べました。今までにない流れで、楽しかったです。

— 強く記憶に残った瞬間はなんだったでしょうか?

T オーディエンス、フジロック、アーティスト が一体となりフジロックでしか味わうことの出来ない空間を感じました。

— 全体を通じて、今年のフジロックはどのような開催になったと思いますか?

T 台風により、さまざまなエリアが影響を受けていたので、たぶん他のフェスティバルであれば中止せざるを得ない状況だったと思います。その状況の中、22年間開催されてきたフェスとして、携わってきたスタッフ、そしてお客さまの成長や経験値により、特に大きな問題や事故もなく終わりを迎えることができました。改めてフジロックの凄さを感じた年でした。


「PALACE OF WONDER」制作担当者、スマッシュ栗澤慎一に聞く今年のフジロック

FUJI ROCK FESTIVAL, フジロック, フジロック 2018, レッドマーキー, PALACE OF WONDER, mixmag

— 今年もまるでサーカスのようだったPALACE OF WONDER、DJ、ライヴともに最高でした。最終的には、どのようなラインナップに落ち着かれましたか?

栗澤慎一(以下、K) 今年もさまざまな国からセレクションした、バラエティに溢れたラインナップになったと思います。バンドで言うと初日はアメリカ、オーストラリア、バスク、2日目はコロンビア、日本、アメリカ、最終日は日本、コロンビア、キューバでした。狙った訳ではないですが、今年は珍しくラテンが若干多くなりました。DJも1/3は海外の方に出演頂き、普段なかなか経験出来ないような音に触れていただけたのではないかと思います。

— その中でも、強く記憶に残った瞬間はなんだったでしょうか?

K どのアーティストも素晴らしかったですが、今年は最終日のFrente Cumbieroが特に素晴らしく、日本ではまったく無名な存在にも関わらず、斬新なセットで思い切り盛り上げていたので嬉しかったです。Cuban Fiestaも、別名義のInteractiveo名義で出演したRED MARQUEEとFILED OF HEAVENで観たときよりも、トラディショナル寄りで迫力の有る本物をみせてくれました。PALACE OF WONDER全体で言うと、22時30分に開場したと同時に、CRYSTAL PALACEのテントに入る人もいれば、Miniscule of Soundも瞬く間に行列を作っていたのが印象的でした。

Frente Cumbiero Boiler Room Bogotá Live Set

— 全体を通じて、フジロックフェスティバル2018年はどのような開催になったと思いますか?

K 今年は思いがけず台風の影響で、土曜の夜から日曜の明け方にかけて凄い風と、ときおり雨もかなり降りましたが、お客さんは私たち主催側が思っていたより大分タフで、朝まで楽しそうに遊んでいたのが印象的でした。苗場20年目にして初めての強風でしたが、なんとか協力して乗り切れたのは、皆の自信になったと思います。個人的には金曜の昼間に1度行けただけですが、今年はイギリスのビッグフェスGLASTONBURYがなかったために、特別に向こうから持ってくることができたUNFAIR GROUNDもありましたし、普段以上に夜の遊びの選択肢が増え充実していたと思います。

FUJI ROCK FESTIVAL, フジロック, フジロック 2018, レッドマーキー, PALACE OF WONDER, mixmag


text_Kana Yoshioka

■FUJI ROCK FESTIVAL’19
期間:2019年7月26日(金)27日(土)28日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場
9:00 開場 11:00 開演 23:00 終演予定
出演:国内外約200アーティスト 後日、順次発表
料金:順次発表
チケット発売:順次発表
総合問い合わせ/オフィシャルサイト:http://www.fujirockfestival.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!