svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

GET TO KNOW

WAVEが発信する、ファンタスティックすぎるDJ MIXシリーズ

最新ミックスにはKristal Klearが登場! その魅力をDJ DSKEに聴いてみました。

Mixmag Japan | 14 June 2020

昨年11月、渋谷「PARCO」がリニューアルオープンした際に、1Fに出現したレコードショップ「WAVE」。サブネームで「MICRO WAVE」と名付けられた小さな店内には、壁一面にモジュラーシンセがズラッと並び、レコードボックスの中には、オリジナルTシャツや、ヴィンテージ・アナログレコードが販売されている。また店の外では、注目のクリエイターたちが制作した「WAVE」の映像が流れるなど、最新のスタイルで音楽好きはもちろん、ファッション、アートなどカルチャー好きの人々を楽しませてくれている。

「WAVE」とはどのようなレコードショップであったのか。ギリギリ昭和生まれの音楽好きであれば、グレーのベースに黒文字で「WAVE」と描かれたロゴを、六本木や渋谷で見かけたことがあると思うけれど、「WAVE」は80年~90年代に存在した日本発伝説の大手レコードショップ。中でも80年代からあった「WAVE」六本木店は、ビル丸ごと一棟が店で、音楽から派生するさまざまなカルチャーも紹介していたことから、クリエイターたちが通う文化の発信地としても知られていた。また夜遅い時間までオープンしていたことから、当時アナログレコードを店に置いていたディスコDJたちにとって、深夜近くになっても買いに行くことができるレコードショップとしても重宝されていた。

その「WAVE」を、「MISTERGENTLEMAN」のデザイナーである、オオスミタケシと、吉井雄一が中心となりリスタートしたのが、現在の「WAVE」となるというわけだ。

 

 

さて、店の運営と並行して「WAVE」が運営するWEBサイトや、Instagramでは、国内外の名だたるDJたちによるDJミックスを定期的に配信している。これまでに国内からはKENJI TAKIMISHINICHI OSAWA、海外からはTENSNAKEPROSUMERといったDJたちが登場。先日配信がスタートした第6弾では、2018年の大ヒット曲「Neutron Dance」でお馴染み、現在マンチェスターを拠点に活躍するDJ/サウンドプロデューサーのKRYSTAL KLEARが登場。他では聴くことのできないミックスをオリジナルで手がけてくれている。

そこで「WAVE」に携わるDJDSKEさんに、店の魅力や、DJミックスについて話を伺ってみた。
—————————————————————————————————————————————————————-

▷Interview DJ DSKE

— かつて存在していた「WAVE」ですが、DSKEさんにとってはどのような魅力を感じるレコードショップでしたか? 個人的な思い出がありましたら教えていただけますでしょうか?

DSKE:自分は世代的にそこまで通っていたわけではないのですが、カルチャーぽいっていうか、そういう人がいっぱいいるお店っていう、良い意味でちょっと敷居の高い感じのイメージでした。買い物に行ったときにおしゃれなお店だなあ、と思いました。

—現在の「WAVE」の魅力を教えていただけますでしょうか? また、店を通じてどのようなことを発信していこうとしていますか?

DSKE:お店は「MICRO WAVE」というサブネームをつけた、KIOSK(キオスク)スタイルのショップになります。約400ものモジュラーシンセが使用された「モジュラーシンセウォール」が設置された店内には、セカンドハンドのレコードを中心に新譜のレコード、書籍などに加えて12インチレコードサイズにパッケージされたTシャツや、DJユースなオリジナルのUSBネックレス等の小物なども取り揃えています。セカンドハンドのレコードは、テーマごとに定期的にジャンルを入れ替えてを仕入れていて、ヒップホップのときがあったり、テクノのときがあったり、ポップスのときもあります。店内の大量のモジュラーシンセのディスプレイは圧巻ですので、是非ご覧になって欲しいですね。小さいお店ですが、飽きずに通っていただけるお店だと思います。あとアーモンドミルクを使用したオリジナルの缶コーヒーがとても美味しいです(笑)。
尚、「WAVE」としてはお店は一つの表現に過ぎず、お店以外の取り組みを含め今後は音楽、ファッションだけにとどまらないさまざまなカルチャーを発信していきたいと思っています。

—「WAVE」で、今後予定されていることはありますでしょうか?

DSKE:「Technics」さんと、「WAVE」のコラボレーション商品が近日発売されます。見逃せない内容になっていますので、是非WEBサイトやインスタをチェックして下さい。

—WEBサイトでは、国内外のDJミックスが聴けますが、始めてみようと思ったきっかけや、人選に関して教えていただけますでしょうか?

DSKE:自分のキャリアを生かせることは、DJとしての今までに培った経験とか横のつながりなので、ぜひDJミックスのコーナーが作れたらいいなと思ってました。こういうPODCAST的なチャンネルは、いつかやりたいと思っていたことだったので、こういうことができてとても嬉しいです。ミックスの人選に関しては、実際のプレイを聴いて心を動かされたDJの人や、アーティストを中心に「WAVE」のディレクターであるオオスミさん、吉井さんと相談して決めています。

—最新の配信ではKRYSTAL KLEARが登場しましたが、ミックスの魅力を教えて頂けますでしょうか?

DSKE:彼の作風から予測すると、派手なミックスが送られてくるのかな?と思ってたんですが、絶妙なテンションをキープする大人なカッコ良さを出してきた良いミックスが届きました。トラックリスト非公開って言うところも大好きです。

—WAVE DJ MIXの今後の予定を教えてください。

DSKE:次回は、INITIAL TALKさんにミックスをオファーさせて頂きました。キャッチーなリミックスや、マッシュアップを作成されているアーティストなのですが、あまりDJミックスを聴く機会のなかったアーティストさんなので、自分もとても楽しみです! こちらも、WEBサイトやインスタを中心に発信しているので是非チェックしてください。

▷WAVE TOKYO
WEBSITE
https://wavetokyo.com

Instagram
https://instagram.com/ wave_tokyo

Text:Kana Yoshioka

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!