svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

APHEX TWINのミックス、APHEX TWINがミックス

レアなB2Bセットも

Mixmag Japan | 18 May 2019

Richard D James、別名Aphex Twinは、DJ歴も長い。そして彼が登場する時は、必ずと言って良いほど、ちょっとした一大イベントになってしまう。そもそも、出演するのはフェスであることが多いし、例えば今年のCoachellaのポスターでは、彼の名前は2番目に大きなフォントが使用されていた。

2014年にリリースしたアルバム『Syro』は8年ぶりの作品だったが、グラミーで最優秀エレクトロニカ・アルバムを受賞した。彼以降に登場したほとんどのダンスミュージック・プロデューサーは、影響を受けたアーティストとしてAphex Twinの名前を挙げる。

それも当然のことだろう。Jamesは、ダンスミュージックの各ジャンルが自然と築き上げた様々な制約を思いつく限りの方向に広げなおした。

前置きはこの程度にし、早速ミックスを堪能してもらおう。今日紹介するのは、2015年からJames様々な変名でSoundCloudに公開し始めて合計269曲の未発表作品から厳選し、DJ Carlos Souffrontがミックスしたもの、(おそらく)1993年にJamesがLime Lightに出演した際のセットをオーディエンが録音したもの(音質はギリギリだが、空気感を含めて楽しめる)、そして、今となってはまず見れないだろう、Aphex Twinが珍しいB2Bセットを披露した際の音源の三本だてである。エンジョイ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!