svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

AMUNOA / Rusty Door

長野在住の異能による珠玉の3曲

Mixmag Japan | 1 January 2019

AMUNOA, Rutsy Door, TREKKIE TRAX リリース, AMUNOA 新譜, mixmag

Aphex TwinやBrainfeederの人気ぶりを見ていると、“本当に日本はガラパゴスなのか…?”と疑問に思うことがある。この間のルイス・コールのジャパンツアーも大盛況であった。星野源や三浦大知のようなアリーナ級のアーティストも相変わらず素晴らしいし、メジャーの側から見ても海外に訴求してゆこうとする意図はくみ取れる。もっとも、この規模でこの現象が確認できるようになったのは、ここ数年のことであるようにも思うが。そういう意味では、メディアは“ガラパゴス”という言葉を死語にしてゆかなければならないのかもしれない。

長野県在住のトラックメイカーAMUNOAが、TREKKIE TRAXからリリースしたEP『Rutsy Door』。同氏のオリジナルトラックとしては実に4年ぶりの作品であるが、確実に海外にも訴求しうる作品である。

ダイナミックな展開とインダストリアルな音使いが特徴的な表題曲「Rusty Door」にはじまり、管楽器のジャジーなグルーブが特徴的な「LASER LIPS」が続き、メロウなフューチャーベース「Magic Mountain」で幕を閉じる。わずか3曲でこの説得力。もう日本のアーティストは、肩ひじ張らず(実際は張っているのかもしれないが)に“外”を見渡せるようになった。Brainfeederを筆頭とした気鋭レーベルによって世界中に種がまかれたが、素晴らしい才能が2020年を目前に各地で開花しつつある。“ガラパゴス”であった日本も、今や例外ではない。

才能は現れ続けている。あと必要なのは、仕組みだけだろうか。


■ AMUNOA – 『Rusty Door』
1. LASER LIPS
2. Rusty Door
3. Magic Mountain
Label:TREKKIE TRAX

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!