svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

Black Coffeeが『Subconsciously』で提示する「グローバル」の行方

普遍的なハウスミュージックの奥底に潜むトライバリズム

Mixmag Japan | 16 February 2021

Black Coffee ft Cassie – 「Time」

Black Coffeeは、かねて自分の作家性を「アフリカ的でない」と表明してきた。リスナーが彼の音楽の中にアフリカ性を見出すのであると。事実、同じく南アフリカ共和国出身のDa CapoTHEMBAらと比較しても、トライバルの要素は薄いと感じる。Black Coffeeはより普遍的なディープハウスを追求しており、それらの楽曲はときにポップミュージックとしても受容される可能性すらあるだろう。

では、多くのリスナーは勘違いしているのだろうか? 先入観で音楽を聴いてしまっているのだろうか? それは違う。彼の音楽には、にじみ出るアフリカ性が確かにある。パーカッションのリズムは、間違いなく彼の故郷に由来するものだ。過去にリリースされた曲、たとえば「Extra Time On You」などを聴いてもそれは明らかだろう。普遍的なハウスミュージックの奥底に潜むトライバリズムに、人々は魅せられるのだ。

そしてこのたびリリースされたアルバム『Subconsciously』にも、“控えめなトライバリズム”は確認できる。特筆すべきは、本作に参加しているグローバルスターたちだ。世界中から集結した精鋭部隊。アメリカからはSabrina Claudio(彼女のルーツはキューバとプエルトリコ)、オーストラリア出身のRY X、さらにはBlack Coffeeと同郷のTellamanやUna Rams…。各国のアーティストと組み、「グローバル・ポップ」を標榜していたDiploが本作に参加しているのも必然性がある。

Black Coffee & Diplo – 「Never Gonna Forget feat. Elderbrook」

Black Coffeeの狙いはグローバルなマーケットに打って出ることではない。なぜなら、そのようなフェーズは2010年代に到達しているからだ。3年前に公開されたCercleのライブ映像は2021年2月の時点で2200万再生を超えている。EDMがドンパチ鳴っているさなかでも、彼はTomorrowlandのメインステージに立っていた。

彼が本作で達成したかったのは、音楽史に南アフリカそのものを出現させることだったのではないかと思う。「アフリカ的でない」プロダクションも、本作においてはやや土着的であるように思う。そして最も重要なポイントは、このアルバムがコロナ禍を経て世に出てきたことだ。パンデミックの影響でセッションはおろか、移動すらも制限された中で本作が完成した。アイデア自体はコロナ以前からあったにせよ、諸々の手続きや作業を遠隔でも行えたのだ。これまで欧米以外の人間が目指していた「グローバル」の姿が、今日に至ってぼやけてきている。グラストンベリーやコーチェラが担ってきた役割が単なる“観光”ではなくなってきているように感じられないだろうか。ちなみに2020年のコーチェラでは、Black Coffeeの名前が上から3番目の序列でラインナップされていた。

その意味で本作は、音楽的な地理学にも一石を投じる可能性があるだろう。そればかりか、近い将来「Black Coffee以前/以降」とさえ語られるような気さえする。

Black Coffee ft Una Rams & Tellaman – 「Flava」


■ Black Coffee 『Subconsciously』
Black Coffee, Black Coffee アルバム, mixmag
Label: Ultra Records
Tracklist:
1. Lost (w/ DJ Angelo) (feat. Jinadu)
2. You Need Me (feat. Maxine Ashley & Sun-El The Musician)
3. SBCNCSLY (feat. Sabrina Claudio)
4. I’m Fallin (feat. RY X)
5. Time (feat. Cassie)
6. LaLaLa (feat. Usher)
7. Flava (feat. Una Rams & Tellaman)
8. 10 Missed Calls (feat. Pharrell Williams & Jozzy)
9. Ready For You (feat. Celeste)
10. Wish You Were Here (feat. Msaki) [Album Version] 11. Drive (w/ David Guetta) (feat. Delilah Montagu) [Edit] 12. Never Gonna Forget (w/ Diplo) (feat. Elderbrook)
<リリースURL>
https://ffm.to/subconsciously

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!