svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

Efdeminの別名義、Philip Sollmannによるニューアルバム『Monophonie』がリリース!

ベルリンの才人によるアコースティックなLiveプロジェクト

Mixmag Japan | 19 May 2020

Efdemin, Philip Sollmann, Philip Sollmann アルバム, mixmag

©Lendita Kashtanjeva

ベルリンを拠点に活動するプロデューサー/ DJのEfdeminによる別名義、Phillip Sollmannがニューアルバム『Monophonie』を5月15日にリリースした。Efdemin名義ではエレガントかつダークな美学でもってプロデュースやDJを行っており、〈Ostgut Ton〉を筆頭とした名門レーベルからリリースを重ねている。昨年は同レーベルからLP『New Atlantis』を発表し、“Utopian Techno”なる概念を打ち立てた。

そんな彼が、本名のPhillip Sollmann名義でリリースするのは主にドローンやアンビエントである。そして今回も例外ではない。マイクロトーン楽器や金属彫刻音を多用した、アコースティックな音色を聴かせてくれる。従って打ち込み主体というよりもむしろ、本作では生演奏が耳を引く。“Monophonie”はそもそも2016年に発足したライブプロジェクトであった。『Monophonie』に収録されている曲の初演を迎えたのは、ベルリンにあるVolksbühne劇場であった。翌2017年にはハンブルグのRuhrtriennaleやKampnagelで公演を行い、ドイツの有名な現代音楽集団であるEnsemble Musikfabrikがオリジナル・ダブル・サイレンを演奏。その時の舞台デザインはベルリン拠点のアート・コレクティブHoneysuckle Companyの一員であるMichael Kleineが制作し、衣装はPeter Kisurが担当した。

Efdemin, Philip Sollmann, Philip Sollm

Monophonie Live @Ruhrtriennale-2017© Volker Beushausen


Phillip Sollmann / Monophonie
Label: Ostgut Ton
Tracklist:
1. Chance
2. Rara
3. Micro
4. Motor
5. Stutter
6. Tape
7. Plain
8. U / O
9. Mono
Bandcamp

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!