svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

Luigi Madonnaが5年ぶりにDrumcodeからEP『Mad World』をリリース!

同レーベルのスタープレーヤーにして同郷のRoberto Capuanoとチームアップ

Mixmag Japan | 13 October 2020

Luigi Madonna & Roberto Capuano – 「Mad World」

イタリアはナポリを拠点に活動するDJ / プロデューサー・Luigi Madonnaが、5年ぶりに〈Drumcode〉からEPをリリースした。『Mad World』と名付けられた本作では、同じくナポリに住むRoberto Capuanoとコンビを組んでいる。両者がチームアップするのは、Drumcodeのコンピレーションアルバム『A-Sides, Vol.6』(2017年)に「Limitless」を提供して以来だ。

『Mad World』の名が示す通り、本作の内容はコンセプチュアルである。パンデミック以前に2つのスタジオ間で制作され、彼らにはそれが完成した当初とは全く異なる意味を持つように感じられた。それまでの世界とは一変し、社会が混乱に包まれてゆく様子が我々の目の前に広がっている。その様はまさしく“Mad World”なのであった。続く「System Alert」は気候変動にインスパイアされた曲で、ピッチを変えたシンセがリズムのカオスを引き出している。最後を飾る「Headquarter」は、歪んだボーカルサンプルとシャープなパーカッションが印象的なトラックで、本作の渾沌を殺さずにMadなまま幕を閉じる。さながら、出口の見えない社会の混迷を暗示しているかのようだ。

なお、「System Alert」は今夏オンラインで開催された「J2v Virtual Festival」にて、Drumcode総帥のAdam Beyerがプレイしている(02:00~)。


■ Luigi Madonna & Roberto Capuano 『Mad World』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!