svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

Patrick Toppingがレーベル〈TRICK〉を立ち上げてから無敵状態

今やブリティッシュハウスシーンの代表選手

Mixmag Japan | 2 July 2020

Patrick Topping, Patrick Topping レーベル, TRICK レーベル, mixmag

2019年の2月、イギリスはニューカッスル出身のプロデューサー / DJのPatrick Toppingは自身のレーベル〈TRICK〉を立ち上げた。その主な目的は自らの作家性の拡大と若手プロデューサーの発掘であり、これまでに自身の音源を含めた10枚のEPを世に送り出してきた。2014年にDJ AwardでBest Newcomerを受賞してから快進撃を続けてきたが、近年の彼は純然たるエースとしてシーンに君臨している。

6月19日にリリースされた同レーベル10枚目の『Rocket Fuel』は、まさしくPatrick Topping名義のEPである。

シカゴハウスからインスピレーションを得た表題曲の「Rocket Fuel」、勢いはそのままに更にレイヴィーな「Easy For Us」の2曲が収録されている。

TRICK発足以降の彼は、プロデューサーとして破竹の勢いで活躍を続けている。先週まで渋谷のContactではGH STREAMINGが配信されていたが、現行テックハウスの流れを汲むDJは、ほとんど例外なく彼の曲をかけていた。「Don’t Call Me Baby (Patrick Topping Remix)」に至っては、配信期間中に複数回聴いただろう。Gerd Janson、Denis Sulta、Fisher、Diplo、Eats Everything、Jamie Jonesなど、トップDJからの支持も厚い。

もちろん、DJとしてもMVP級の存在感を放っている。先日行われた「Lockdown Set」も素晴らしい内容であった。

曲を作ればヒットを飛ばし、そしてDJブースに立てば画面越しのオーディエンスに熱狂をもたらす。UKには才能ある若手が毎年のように台頭するが、その爆心地にいるのはPatrick Toppingだろう。


■ Patrick Topping 『Rocket Fuel』
Patrick Topping, Patrick Topping レーベル, TRICK レーベル, mixmag
Label: TRICK
Tracklist:
01. Rocket Fuel
02. Easy For Us
Patrick Topping
Facebook
SoundCloud
Twitter

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!