svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

Risa Taniguchi、ついにSecond Stateから“EP”を出す

コロナ禍に燦然と輝く希望の星

Mixmag Japan | 10 July 2020

Risa Taniguchi – 「How We Dance Again」

本日7月10日(金)、DJ / プロデューサーのRisa TaniguchiがPan-Potのレーベル〈Second State〉からニューEPをリリースした。同レーベルのコンピレーションには数回にわたって曲を提供してきたが、EPのリリースは今回が初だ。Pan-Potといえば、先日オンライン上で開催されたメガフェスティバル「Awakenings」でもヘッドライナー級の存在感でもってステージに君臨していた。トップDJが主宰するレーベルだけに、ここからリリースするアーティストも凄まじい顔ぶれが並ぶ。Amelie LensにMichael Klein、Klangkuenstler…。アップカミングなプロデューサーも数多く抱えているが、“このレーベルからEPを出せる人物”は相当限られる。

そして、晴れてその仲間入りを果たしたRisa Taniguchi。タイトルトラック(記事の冒頭参照)が「How We Dance Again」であることも含め、あまりにドラマチックである。コロナ禍に燦然と輝く希望の星だ。プロダクションで考えても、彼女のディスコグラフィーの中で最もフロアライクなEPに仕上がっている。

レイヴィーな「How We Dance Again」に加え、他の3曲も実に粒ぞろいだ。いつものように自らのヴォーカルをサンプリングした「Slipped My Mind」、陰鬱かつアッパーなキーボードが印象的な「Sodium」、ヒプノティックなサンプリングに相反するような力強いキックが鳴り響く「Unchained」。ここまでの完成度に達してようやくSecond Stateからのリリースが叶う。繰り返しになるが、彼女は高く設定されたバーを越えてここまで辿り着いた。

いよいよ次世代のテクノシーンを背負って立つ段階に来ているのかもしれない。コロナ騒動が明けた時、その真価は発揮されるだろう。もう一度、ダンスを。

もうさらに読みたい: RISA TANIGUCHI × PAN-POT Special Interview


Risa Taniguchi 『How We Dance Again』
Risa Taniguchi, Risa Taniguchi EP, Second State, mixmag
Label: Second State
Tracklist:
1. How We Dance Again
2. Slipped My Mind
3. Sodium
4. Unchained
https://www.fanlink.to/risa-dance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!