svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

Sakiko Osawa / SAKIKO OSAWA

今年フロアを席巻したDJの最新フルアルバム

Mixmag Japan | 29 December 2018

Sakiko Osawa, Sakiko Osawa SAKIKO OSAWA, Sakiko Osawa DJ, mixmag

今年最も飛躍したDJと言っても過言ではないだろう。東京を拠点に活躍するSakiko Osawa。渋谷のSOUND MUSEUM VISIONではTENSNAKEと共演し、同じく渋谷のContactではLen Fakiやandhimと同じパーティーに登場した。ビッグネームとの邂逅を果たすうちに、彼女はメキメキと頭角を現し、今日もどこかのクラブのフロアをロックし続けている。特にLen Fakiと共に出演したパーティー「ACCUTRON」での活躍は目覚ましかった。日付を跨ぐかどうかの浅い時間に出番を迎えた彼女は、自らのギグを終える頃には完全にオーディエンスを掌握していた。彼女がプレイしたContactフロアが、Studio X(メインフロア)に比肩するぐらい混雑していたのである。

そんなSakiko Osawa、オリジナルトラックも出色の出来である。今月12日、自身の名を冠したアルバム『SAKIKO OSAWA』をリリースした。4つ打ちを基調としながら、まるで万華鏡のように豊かなサウンドスケープを提示している。

スペーシーでポリリズム調のウワモノと、しっかりとしたベースラインが耳を引く「Departure」に始まり、前半はそのままストイックなテックハウスが続く。後半もハウシーな流れは続くが、ここで印象的なのはトライバルなテクスチャーだ。たとえば「Owl」。彼女は最近のインタビューで度々Acid Arabの名前を出しているが、そのことからもリファレンスを広く取っていることが分かる。また、彼女のBandcampを見てもそれは窺い知れるだろう。Khidja(中東の流れを汲むルーマニアのデュオ)やFatoumata Diawara(マリ出身のシンガーソングライター)らの名前が散見される。

Sakiko Osawaがこれまで積み重ねてきた叡智を結集したような内容だ。アーティストにとって、自身の名を冠した作品を発表するのは並々ならぬ覚悟がいるだろう。DJとして、あるいはプロデューサーとして、「今」がそのときなのである。本作は、挑戦と覚悟が鮮やかに結実したランドマーク的1枚だ。


■ SAKIKO OSAWA
Label:OIRAN MUSIC
発売・配信中

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!