svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

MUSIC

SAUCE81 & SHING02 / S8102

年の瀬に届いた会心の一撃

Mixmag Japan | 31 December 2018

Sauce81, Shing02, S8102, Shing02 新譜, mixmag

Sauce81

キャプテンS81と副操縦士S02によるS8102号は、冒険心に満ちた乗組員達と共に宇宙空間に飛び出した。彼らは惑星ユーフォリアでの銀河一舞踏会に参加すべく、様々な危険に立ち向かっていく。どんなアドベンチャーが待ち受けているのだろうか。あなたはこの音響探索隊に参加したばかりの新人乗組員。果たして、星舞う彼の地に辿り着けるのだろうか…。

2014 年、Shing02 が脚本・監督を務めたショートフィルム『Bustin’』に sauce81 が楽曲提供した事を切っ掛けに始動した極秘プロジェクト『S8102』。Sで始まる数字を含んだ2人の名を掛け合わせたその大きな数字から、未来をコンセプトに作り上げられた宇宙のファンタジー。幾多の困難を経て向かう先は、惑星ユーフォリアでの銀河一舞踏会。未知との遭遇あり、 ワープあり、脱出ありの宇宙の旅を彩るSFサウンド・トラックが、いま明らかになった。

Sauce81, Shing02, S8102, Shing02 新譜, mixmag

Shing02

全てのトラックをsauce81が緻密にプロデュースし、要所でコーラスワークも披露。別名儀 N’gahoTa’quia (ンガホ・タキーア)『In The Pocket』でも聴かせた OST 的なアプローチを、今作ではSF的且つジャンルを超えたスペイス・グルーヴをローンチ。Shing02は、今作では攻撃的なラップから内省的なものを含め、宇宙時代の新しい形而上世界観を、英詞ストーリーとして一気に書き上げた。

DJ Packo がナレーションとスクラッチ音で旅をナビゲートしながら「MISSION STATEMENT」(M-1)で地球を飛び出す。Jonathan Yeater は「MOONLIGHTER」(M-2) では流星の如くスムーズに、「RADIATION」(M-3) では電磁波の如くアブストラクトにギターを鳴らす。エイリアン「SPONGEMONSTERS」(M-6) との闘いを経て、悪の中枢「THE CRUX」(M-7) へと迫る。Bobby Bellwoodは「STAR DANCE」(M-8) でファンキーに、「EUPHORIA」(M-9) ではソウルフルに歌い上げる。五次元「5TH DIMENSION」(M-10) に突入すると、Meiso のラップと共に複雑な辺拍子ブロークンビーツ・ゾーンを突破して行く。ストーリーのエンディングを飾る「BRING ME HOME (S8102 Ver.)」(M-12) では、原曲の作者 Madeleine Brossier の歌&ラップに加え、Nick Kaleikini(sax)、Shinju Kobayashi(bass)、Mahbie(beat) 等を迎えノスタルジックに地球への思いを馳せる。

アートワークは、ホクレア号の乗組員でもあるハワイ島在住のアーティストHana Yoshihataによる、海水とアクリル絵の具を混ぜて描き下ろした、絵巻物のように長い作品。海と星の神秘を知る彼女の世界観が「S8102」の宇宙冒険のイマジネーションを膨らませてくれる。始動から4年の月日を重ねた2018年末、鏡に映し出されたその数字は奇しくも8102!!満を持して52分間のスペース・アドベンチャーが打ち上げられた!!


■ SAUCE81 & SHING02 – 『S8102』
Release: 12/25
各サブスクリプションサービスにて配信中
Spotify
Apple Music

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!