svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

グラスゴーのクラブが閉鎖するとともに、BANKSYの象徴的な壁画は忘れ去られる

彼の初期作品のうちの3つが永遠に失われてしまう

Mixmag Japan | 21 September 2017

グラスゴーのナイトクラブが経営危機に陥っているため、Banksyの初期作品の中で象徴的な3つの作品が消え去るであろう。

2002年3月、BanksyはThe Arches(グラスゴーにかつてあったナイトクラブ)で行われた展覧会で3つの壁画を描いた。これらの作品は、彼(もしくは彼ら)が今現在知られている世界的有名なストリートアーティストになる前に、初めて公の場に展示した作品の一つだ。

3つの作品というのは、クラブの裏口の外側に描かれた銃を持っている猿、クラブの中に描かれたチュチュを着た銃を持っている猿と、額縁の後ろに座っているモナリザを描いた作品を含む。

The Archesは以前から、これらの作品を売却するためにクラブから撤去することを望んでいた。そして今、クラブを運営していたアーチーズシアターカンパニーが精査に入った。 Banksyの3つの壁画に現在価値があるかは不明だ。

アーチズシアターの共同管理者、キャンベルダラス(スコットランドの会計事務所)のデレック・フォーサイスは、なぜ壁画が復元されないのかを概説する声明を発表した。

「債権者の利益において、作品の価値を見い出すことが可能かどうかを明らかにする努力がなされたが、これらの作品は、芸術作品としての信憑性がないこと、イラストが壁一面に大きく塗られていること、作品の描かれている壁の一部はクラブが所有していない建物であったことから、作品として一部を取り除いて、復元するには非常にコストがかかるという理由から復元することを妨げられた」。

2014年2月、17歳の少年がナイトクラブで死去し、市議会が深夜外出禁止令を実施するよう促した。この出来事がThe Archesの崩壊につながった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!