svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

デジタルミュージック全盛の今、ヴァイナルの売り上げが上昇中

2017年に販売されたアルバムはいよいよ1000万枚に

Mixmag Japan | 6 October 2017

Billboardによると、情報と販売追跡システムのNielsen Musicは、Q3のレポートを発表し、今年2017年のヴァイナルの販売数が、すでにQ4が出ている2016年の数字を上回っていることを明らかにした。

米国でのアルバム販売のデータを分析した後、Nielsonは、ヴァイナルの販売を除いて、フィジカルとデジタル販売の両方が落ちたことを明らかにした。ちなみにCDの売上高は19.9%減少し、デジタルの売上高は19.5%減少したが、ヴァイナルの売上高は3.1%増加し、1,000万枚近くの売り上げを記録した。

デジタル音楽の販売が減少し続ける中、ストリーミングの数は驚異的なペースで増加を続けている。 過去9カ月間のオーディオおよびビデオストリームは、4,244億4000万ドルとなり、2016年から40.5%増加した。

また、他のヴァイナル関連のニュースでは、Discogsも大きく成長しており、最近オンラインデータベースのリリースログは900万マークを通過したという。Discogs COOであるチャド・ダールシュトルムは、これが現在の市場をどのように反映しているかについて触れた。

「コントリビューターの増加とDiscogsデータベースへのサブミッションから見ると、確かにみんなの、フィジカルなフォーマットへの熱い情熱は感じるよ。Discogsデータベースのミッションとして、世界各地の考えられうるどんなフォーマットがあっても、フィジカルなリリースの保持に関心を失うことはないよ」。

これらの数字から判断すると、ヴァイナルがフィジカルミュージックとしての体裁を保ちつつ、ストリーミングプラットフォームが音楽業界をリードしていることは明らかだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!