svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ベースメント5がアルバム『1965-1980』と『IN DUB』の復刻版を発表

2枚のアルバムが約30年後に再リリース

Mixmag Japan | 7 October 2017

イギリスのパンクダブを革新したバンド、ベースメント5が1980年にリリースしたアルバム『1965-1980』と『IN DUB』の12インチの復刻版を発表した。

パンクの激昂感とダブワイズのリズムにインスピレーションを受けたベースメント5は、移民二世として70年代の都会を生きていく人生、存在の疎外感を音楽のテーマとして探求していた。バンドを指揮していたデニス・モリスはボブ・マーリーやセックス・ピストルズの写真家だった。

モリス曰く、「私は決してロックスターになることはなかった。この音楽の流れは、芸術の進歩として自然な動きだった。私はバンドのイメージやバンドロゴを作っていたが、新しいサウンドや新しい表現を作りたかったんだ。バンドのメンバーはロングジョンにスキーマスク、サイクリンググローブを纏い、それらは彼らがロンドンの都心で育ったことを表現していた」。

ヨーロッパツアー中にバンド内で衝突が起きたため、ベースメント5の活動期間は短かった。最終的な生まれ変わりからわずか18ヶ月の活動期間だったが、彼らは確かに音楽の風景に遺産を残した。

初盤がリリースされてから約30年後の10月6日に、ベースメント5のデビューアルバム『1965-1980』と『In Dub』の復刻版がリリースされた。アルバムはコチラから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!