svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

マンチェスターのクラブ「RITZ」が30年前の財布の持ち主を探している

消息はつかめないが諦めない

Mixmag Japan | 6 October 2017

もしあなたが、飲みの席で大事なものを紛失し落ち込んでも、意気消沈する必要がないかもしれない。

マンチェスターのクラブ「O2 Ritz」で30年前に紛失した財布を発見し、クラブ側が持ち主の元へ返そうと試みている。

茶色の革製の財布は実に年季が入っている。中には、エリザベス・サラ・デール名義の旧ミッドランド銀行のチェックカード、12ペンスの小銭、チェシャー図書館と博物館のカード、1985〜86学年度のマンチェスター大学ウィットワースパーク自治会カードとその他、給料明細書が入っていた。

クラブのマネージャー、クリス・マンは「掃除をしているときに、放熱器の裏に落ちているのを見つけたのよ」と語った。彼女は当時18歳か19歳だったので、今は50代前半だろう。

もうすぐ同クラブが90周年を迎える。彼女の元に財布が戻るのにいい機会になるかもしれない。と、その前に。彼女たちがその当時「Ritz」で何をしていたのかを覚えているか知りたいと思わないかい?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!