svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

PIONEER DJ、「パフォーマンス・サンプラー」DJS-1000を発表

DJ用途を意識して作られた

Mixmag Japan | 18 October 2017

DJS-1000

Pioneer DJは、DJS-1000の発表を通じて、また一歩サンプリングの世界へと切り込んだ。

パフォーマンス・サンプラーと銘打たれたDJS-1000は、CDJの形をした筐体から伝統的なジョグホイールを取り外し、代わりに16パッドのインターフェースを搭載、ライブ・ユースに最適化されている。

Loopmastersの音源を2500以上内臓しているので、購入したその日から活用でき、USBやステレオ入力を介してロードされたサンプルもプレイ可能だ。

また、フィルターやリバーブを始め、8種類のエフェクトを内臓。タッチ・ストリップでこれらのエフェクトを操作することができ、メインのパッドの下には、16ステップのシーケンサーも搭載している。そして、CDJ同様のピッチコントローラーも搭載。

さらに、DJS-1000は、LAN接続を介してCDJ2000NXSとリンクでき、これにより、シーケンサーをプレイ中のトラックに同期させることも可能だ。

本機は、11月に発売予定。

以下の動画にて、実機をプレイする様子がチェック可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!