svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

リッチー・ホゥティン:「EDMの登場で、隠れ家的だったコミュニティは暴かれてしまった」

黎明期との違いについて語る

Mixmag Japan | 22 October 2017

リッチー・ホゥティン

リッチー・ホゥティンによると、電子音楽のカルチャーは変遷を続け、DJにとってのハードルは上がり続けているという。

その理由として、世界的なEDMの人気が原因だと、彼は『High Snobiety』でのインタビューで答えている。

電子音楽の世界がどう変わってきたかという質問に対して、ホゥティンは「電子音楽は昔からDIYでニッチなもので、世界中でも知っているのはほんの一握りの人々だった。でも今はEDMがあるので、ミステリアスな存在感や、DIY的な美学を追求するのがかつてよりも難しくなっている」と答えている。

また、未来について不安を感じている人も多いという。「これからこの世界がどの方向に向かっていくのか、そして、今、自分がどうすれば良いのか分からない」という人が多いという。

同インタビューにて、彼は自身のDJスタイル、初期に使っていた機材や、若い頃のレイヴ体験などについて語っている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!