svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

エイフェックス・ツインの「WINDOWLICKER」が交通安全運動CMのサントラに

映像は、ファレル・ウィリアムス「Happy」のMV監督が制作

Mixmag Japan | 25 October 2017

エイフェックス・ツイン

エイフェックス・ツインが、UKにおける交通安全運動の動画に対して、往年のヒット曲「Windowlicker」の使用を許可した。

Pink Kittens(ピンクの子猫)と題された同キャンペーンは、運転中の携帯使用の危険性についてドライバーに警告する内容になっている。

We Are From LA(ファレル・ウィリアムスのヒット「Happy」の動画を制作したデュオ)によって監督された90秒のCMは、南ロンドンで撮影され、時速50kmで僅か2.3秒間、目を離すだけで、どれだけのものを見逃せるかというのを視覚的に説明している。

エイフェックス・ツインが広告に音楽の使用許可を出したのは、これが初めてとなる。1999年にリリースされた「Windowlicker」は、同アーティストの楽曲の中で最も高いチャート順を獲得したシングルで、UKチャートで16位に達した。

CMは、以下から視聴できる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!