svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

レイヴ主催により、3万ポンドの損害をもたらした3人の男

11月17日にメードストン裁判所に現れる

Mixmag Japan | 28 October 2017

8月6日にイギリス、ケントのウェアハウスで500人が出席し、約3万ポンド相当の損害をもたらした不法レイヴをオーガナイズしたとして、3人の男性が起訴され、裁判所に出廷する予定だ。

12人が麻薬所有、器物損壊、盗難などの罪で逮捕され、3人の男が公的不法妨害罪を犯したとして、11月17日にメードストン裁判所の裁判所に現れる。

ケント警察の主任アマンダ・ティロットソンは、次のように述べている。「無許可の音楽イベントに大勢の人が参加した結果、真新しいウェアハウスに3万ポンド以上のダメージをもたらたことは容認できない

このようなイベントがケントで行われるのは稀だが、開催されると多くの人々が参加する大規模産業になる。

ケントにいる観光客の多くは、列車で州外から来ている。これらの集団は、物的損害、地域住民への騒音、反社会的行為など、多くの問題を引き起こす可能性がある。イベントの趣旨を開示し、参加者の安全保障を定義する必要がある。

私は、ロンドン警視庁やイギリス鉄道警察と協力し合い、ケントの住民や企業が安心して生活できるように努めていきたい。ケントで無許可の音楽イベントを開催することによって引き起こす犯罪を決して容認できない。法律違反者と思われる誰に対しても堅実な行動をとるであろう」。

以下の動画は8月に撮影されたレイヴの動画である

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!