svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

『ブレードランナー 2049』のサウンド・デザインに迫る新ドキュメンタリーが公開

本作のために、2500を超えるオリジナル音声が作られた

Mixmag Japan | 28 October 2017

ブレードランナー 2049

本年を代表する超大作『ブレードランナー 2049』の驚異的なサウンド・デザインに迫る14分の新しいドキュメンタリー映像が公開された。

映像は、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴ、音響編集担当のマーク・マンジーニ、テオ・グリーンなどのインタビューを軸に語られる。

作曲のハンス・ジマーとベンジャミン・ウォルフィッシュも『ブレードランナー 2049』での取り組みを語った。ヴァンゲリスの時代と同じ技術に拘って作曲したと説明し、往年のArturia CS-80によるデモ演奏も披露している。

本作では音響が極めて重要な役割を果たしており、マーク・マンジーニは、自然のものや人工物を使って生み出した2500以上もの音響効果について語った。

また、貴重なヴァンゲリスのスタジオ作業風景も収録されている。

視聴は、以下から。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!