svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ファレル・ウィリアムス、レイヴから抜け出せなく設定のホラー映画をプロデュース

音楽フェスにて、仲間たちの生存をかけた戦いが今始まる

Mixmag Japan | 28 October 2017

ファレル・ウィリアムス

ファレル・ウィリアムスが映画業界に進出。ハロウィーンの日に、レイヴから抜け出せなくなってしまったという設定のホラー映画をプロデュースするというのだ。

ハリウッド・レポーターの調べによると、ファレルは『ガールズ・トリップ』の脚本家、トレイシー・オリバーと接触し、ダニエル・ヴェガの原作『Survive The Night』をベースにスリラーを開発中とのこと。

あらすじは、ハロウィンの日に”倉庫で開催されるアングラなフェス”に参加した数名の女子大生たちが、謎の人物に襲われ、生存をかけた戦いに巻き込まれていくというものだ。

ワーナー・ブラザーズが手がけることが決まった本作は、もちろん、音楽が重要な要素を担う作品になる見込みだ。ファレルは、つい先頃も、邦題が物議を醸した『ドリーム』の音楽を担当したばかりだ。

本作に関与する他の注目人物は、I Am Other Entertainmentにおけるファレルのパートナー、ミミ・バルデス、そしてAlloy Entertainmentのレスリー・モーガンスタインとエリーサ・ダットンなど。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!