svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

GOOGLEなどのアルファベット社がレコード・レーベルに取って代わるUNITEDMASTERSを設立

メジャー・レーベルはご注意を

Mixmag Japan | 19 November 2017

UnitedMasters

Googleの親会社、アルファベットが、アーティストを独自の方法でサポートし、大手レコード・レーベルの機能を取って代わる目論見のスタートアップ、UnitedMastersに投資した。

TechCrunchによると、Interscope Recordsの元社長、スティーブ・スタウトが率いるUnitedMastersは、アルファベットに加え、20世紀フォックスやベンチャー・ファームのAndressen Horowitzなどから約78億円の資金を獲得。

UnitedMastersのメイン・コンセプトは、アーティストにSpotifyやYouTube、Soundcloudなどで音楽をディストリビュートする方法を提供しながら、印税を配布する一方で、原盤権をアーティスト本人に残すサービスの提供だ。同時にCRMツールも開発し、分析結果をチケット販売やグッズのマーケティングにも活用する。

UnitedMastersがアーティストの為になる一側面として、スタウト曰く「アーティストにとって一番重要な仕事は、素晴らしいアーティストであることです。彼らを取り巻くインフラは、効率よく彼らに報酬を与えることであり、原盤を所有して搾取することではありません」。

この新プラットフォームが敵視するのはメジャー・レーベルではあるが、Mixmagでは、インディペンデントなレーベルや老舗レーベルも重要な存在だと考えている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!