svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

キンク「ライブ演奏にフォーマットは不要」

アドリブ・パフォーマンスのキングが、ライブについての思いを語る

Mixmag Japan | 23 November 2017

キンク

エレクト・アーティストにして職人のキンクは、アドリブ技術を駆使するライブセットでダンスミュージック界の中でも一目置かれる存在だ。よって、「フォーマットが不要」というのも、彼の発言であれば納得だ。

Electronic Beatsとのインタビューにて、ブルガリアの同プロデューサーは、ライブパフォーマンスについての持論と、今後ライブ活動を頑張っていきたい方に向けてのアドバイスを展開した。キンクによると、自分のセットは常に進化しているという。

「思うに、ライブにフォーマットは必要ないと…。キンクのショーも、安定感はあるものの、徐々に変化していくものなんだ。たまに飽きちゃったりするので、そういうときは別プロジェクトをやる。例えば、テクノのCyrillicとか。あれは、通常のDJ機材を使ってライブするというのをやってみたかったんだ。CDJを3台使って、モジュラーシンセで作ったベーシックなループを走らせた。ベースラインとか、シンプルなメロディをね。ビートはRolandのTR-8で鳴らした。シンクロは耳でやってるので、パフォーマンスとしては、割と労力がいる形だと思うよ」

インタビューの全文はこちらから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!