svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

FINNが『SOMETIMES THE GOING GETS A LITTLE TOUGH』を提げて再登場

「全力を尽くす全ての人に」捧げる、ハウス・サウンドが支配的なEP

Mixmag Japan | 27 November 2017

Finn

Local Actionがマンチェスターを拠点に活躍するグライム・プロデューサー、Finnの最新作『SOMETIMES THE GOING GETS A LITTLE TOUGH』を発表。

6トラック収録のレコードは、ガラージとグライムにルーツを持つ同DJによる、これまでで最もハウス色の強い一作となる。リリースするのはDJ Q、Slackk、ドーン・リチャーズなどを擁するLocal Action。

収録曲は既にSwing Ting、Mr Mitch、Murloなどに支持されている。NTSのホストFinnは、同EPを「全力を尽くす全ての人に」捧げるとのこと。全ての楽曲は、これまでにマンチェスターのクラブSoup Kitchenでプレイされ、クラウドを沸かせてきた。

『SOMETIMES THE GOING GETS A LITTLE TOUGH』は12月8日に発売。先行予約はこちらから。

タイトル曲は以下のBandcampから視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!