svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ベルリン政府が、ナイトクラブの支援に1,000,000ユーロを拠出

騒音対策に公的支援

Mixmag Japan | 2 December 2017

berlin

市のナイトライフ・エコノミーを保護するべく、ベルリン政府は、クラブが適切な防音対策を施すための資金を1,000,000ユーロ拠出することを決定した。これは、土地開発によって閉鎖に追い込まれる可能性が高まるクラブの増加傾向を受けてのことである。

ベルリンでは、2011年以来、170軒ほどのクラブが閉鎖に追い込まれている。近隣住民が騒音の苦情を申し立てると、クラブ側が負けることが多いのだ。

クラブ・コミッションのスポースクマン、Lutz Leichsenringは、なぜクラブを「守る」必要があるのか、語った。「人口密度の高い都市では、住宅地と音楽ヴェニューの距離が縮まります。両者が共存できるように、資金が投じられる必要があります」

Tagesspiegelによると、議会はナイトクラブの改築費用に資金を投じることに合意。これら改築には、屋内クラブへの吸音材の導入や、屋外スペースへの騒音バリアーの設置などに加え、住宅への防音ガラスの導入なども含まれる。1,000,000ユーロの分配先については、未定だ。

類似したニュースとして、今週、ロンドン市長のSadiq Khan氏が防音問題でクラブを支持する方針について発表している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!