svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

21人の命を奪った”LOVE PARADE”の悲劇に関しての裁判が始まる

事故では、負傷者も650人以上に登った

Mixmag Japan | 10 December 2017

ラヴパレード

先週金曜日、ドイツでは、2010年の”Love Parade”の死亡事故について、計画がずさんだったとして10人の関係者の裁判が始まった。

2010年、7月24日、デュースブルクで開催された”Love Parade”にてパニックが発生、同テクノ・フェスの唯一の出入り口だったトンネルに数千人の人が詰めかけた。これにより将棋倒しが発生、21人の命が奪われ、650人以上が負傷した。

現在、イベントを企画した従業員4名と自治体の職員6名が過失致死・致傷で起訴されており、全員、否認している。

戦後ドイツ最大の裁判になるとも言われているこの裁判の注目度を考え、裁判所もデュースブルクからデュッセルドルフに移された。

裁判には一年以上かかることが予想されているが、時効が2020年に迫っているため、早期判決に向けてのプレッシャーもかかっているとのこと。

[Via:Reuters]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!