svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

警察が違法レイヴの継続を6時間認める

ウェスト・サセックスにおいて、200人がパーティの継続を許容された

Mixmag Japan | 18 December 2017

警察レイヴ

ウェスト・サセックスのBurgess Hillにおいて土曜日に開かれたレイヴが、警察に発見されるも6時間もの継続を認められた。

警察が呼び出された午後11時半頃には、200人が会場建物の中におり、追加で300人ほどがこの後の入場を試みているところだった。

警察は、パーティを中止させる代わりに、道路を封鎖して今後の来場を規制。その後、日曜日の午前5時半頃にパーティを終了させることができた。

サセックス警察のデイヴ・モートン巡査部長は「警察には、このような違法な集会を解散させる権限がありますが、それを行使する前には、安全に、効率的に解散させることが可能かどうかを考慮する必要があります」と語る。

「考慮の結果、夜間であることや引き続き訪れつつある人数も加味し、可能でも、安全でもないだろうと判断されました」

この件での逮捕者はいなかった。

[Via:Spirit FM]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!