svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

YonYon、国境を超えた新プロジェクト第1弾コラボアーティストは向井太一

クリエイターYonYonが新たに立ち上げた楽曲制作プロジェクト[The Link]

Mixmag Japan | 22 December 2017

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、シンガーソングライター、プロモーターなどとしてマルチに活動するクリエイターYonYonが新たに立ち上げた楽曲制作プロジェクト[The Link]。 日韓のいま注目すべきプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形で繋ぎ、YonYonを含めた3人でディスカッションを重ね、制作したフリー音源を配信・プロモーションしていくものだ。

今回、[The Link]の第一弾として公開された楽曲「Period(過程)」は、1stアルバム『BLUE』が話題のシンガーソングライター向井太一と、韓国の超人気ラッパーJay ParkやZion.Tのプロデュースで一躍その名を轟かせた23歳の若手実力派プロデューサーSlomを起用。

Processed with VSCO with hb2 preset

日本人アーティストには、ブラックミュージックをベースとしたオルタナティブなR&Bを軸に、オントレンドでジャ ンルを超えたアグレッシブな音楽を発信している25歳のSSW、向井太一を抜擢。音楽活動のみならず、ファッション誌のコラム執筆やモデルなどの活動も通じてファッション界にも精通し、カルチャーを捉えたクリエイティブなセルフプロデュースにも定評がある。ジャンルを問わず独自のシーンを構築するスタンスはハイブリッドな次世代のアーティストとして注目されている。

一方、Slomは主にFuture Beats系の制作を得意とし、LA育ちで培ってきたR&B、ソウル、ファンク、ヒップホップなどのブラックミュージックをルーツに楽曲を展開する韓国人プロデューサーだ。近年では最新のビートミュージックを発信するレーベルSoulectionからアルバムのリリースを果たしたプロデューサーJ.robbとの共作や、Zion.TとBIGBANGのG- Dragonが共演したヒット曲「Complex」のプロデュース始め、数々のアーティストと制作を重ねてきた。すでにその実力は世界中から認められており、海外勢からのラブコールが絶えない。

この、今をときめく若手アーティスト2人とYonYonの共同制作によって生み出された今回の楽曲「Period(過程) – YonYon x 向井太一 prod. by Slom」。90’sを想起させるようなノスタルジックでアーバンなバラードを軸に、チルなシンセサイザーやメロウな低音などオンタイムのR&Bのエッセンスで包み込んだ最先端のトラックに仕上がっている。爽やかでソウルフルな向井太一の歌声と、あどけなさと凛とした側面が共存するYonYonの歌声が折り重ねる日本語と韓国語で綴られたリリックは、長い年月を共にしている恋人同士が抱く不満や不安との葛藤と、すれ違いながら互いを求め合う二面性を叙情的に表現している。

なお、本楽曲は日本と韓国を繋ぐ[The Link]Projectの第一弾として、12月21日よりSoundcloudに無料公開され、さらにクリスマスプレゼントとして5日間限定(25日の23時59分まで)でサイト内のBuyボタンから楽曲の無料ダウンロードをすることができる。

◆YonYon オフィシャルサイト
◆向井太一 オフィシャルサイト

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!