svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

グラスゴーのナイトクラブがアルコール・フリーのイベントを却下

休肝月? グラスゴーには無縁の様子

Mixmag Japan | 12 January 2018

グラスゴー

1月は飲酒等を控えようと思っても、新年会にクラブにバーにと忙しい読者の皆様にとっては、なかなか難しいことかもしれない。グラスゴーでは、さらに難しいようだ。

DJ兼パーティ・オーガナイザーのロニー・ウィタカー氏がアルコール等を提供しないパーティを企画したところ、地元のバーやクラブから全く協力してもらえなかったという。

複数のナイトスポットや箱に打診したが、その殆どに拒否されたそうだ。

グラスゴーのEvening Timesからの取材に対して、ウィタカー氏は「あらゆるところに当たったよ。でも受け入れてくれたのは一軒だけだったんだ。みんな、視野が狭すぎるよ。別に、アルコールが嫌いな訳じゃないんだ。飲まずにも、楽しめるよっていうだけさ。かれこれ2年以上、『Conscious Dance(有意識ダンス)』という名前で小箱イベントをやってきたけど、今回初めて、規模を大きくするんだ」。

中毒者をサポートする協会やグループから協力を得たものの、ロニーは、300人キャパのIvory Blacksが会場を提供してくれることになるまで、イベントを実施することができなかった。

お疲れ様、ロニー!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!