svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

『Mixmag』2017年ベスト・トラック100選(40〜31)

2017年を形作ったアンセムたち(7)

Mixmag Japan | 31 January 2018

2017年を大いに盛り上げた100曲。今回は、40位から31位を紹介していく。

40
JLIN ‘BLACK ORIGAMI’ (PLANET MU)

ジェイリンの同名セカンド・アルバムからのファースト・トラック「Black Origami」をプレミア公開したときを契機に、彼女はフットワークを卒業し、全く独自の超絶リズミカルな音響世界へと突入を開始した。

39
RADIO SLAVE ‘ANOTHER CLUB’ (REKIDS)

昨年、Rekidsの主宰、マット・エドワーズ aka Radio Slaveはデビュー・アルバムをリリースし、それと共にやってきたのが「Another Club」だ。張り詰めた空気感のベースラインの上に、ピッチを下げられたレディ・ガガが唸るような声で「Next place、no sleep、another club」と呼びかけてくる。地下室で繰り広げられるレイヴなどにぴったりマッチしそうな一作だ。

38
SHANTI CELESTE ‘LOOP ONE’ (PEACH DISCS)

2017年の最も注目すべきレーベルのローンチを飾った「Loop One」は、同年、まさにループ再生状態だったが、それには訳がある。「Loop One」は、森羅万象に捧げる聖歌とアンダーワールド的多幸感をぎっしり詰め込み、シャンティ・セレステのプロデューサーとしての注目度をあらゆる方面で高めることになった。

37
CAMELPHAT & ELDERBROOK ‘COLA’ (DEFECTED)

文句なしで2017年夏のダンスフロアを代表する曲となり、グラミー賞にノミネートされた以降に振り返ると、CamelPhatのこの中毒的なトラック「Cola」が契約されるまでに4ヶ月もかかったというのはなんとも信じられないことだ。このジワジワ来るトラックは、ヴォーカリストElderbrookと過ごした僅か3時間の間でほぼ完成したそうだ。

36
BURIAL ‘RODENT’ (HYPERDUB)

2016年の暮れ頃、その後の12ヶ月の間にBurialが次々と革新的で、刺激的なリリースを繰り広げるとは、誰も予想だにできなかったであろう。そのなかでも我々のお気に入りが「Rodent」。特徴的なヴォーカルのスライスと、あまり聞き覚えのないサックス・サンプルが織りなす、Hyperdubのディコグラフィとしてはアップリフティングな部類に入る一作だ。

35
KELLY LEE OWENS ‘LUCID’ (SMALLTOWN SUPERSOUND)

ウェールズのヴォーカリスト兼プロデューサー兼作曲家のケリー・リー・オーウェンズは、2017年にSmalltown Supersoundからデビュー・アルバムをリリース。その中でも我々のお気に入りが「Lucid」だ。不気味な空気感が本人の亡霊的な、しかし甘い囁きを包み込み、暗黒の恍惚をもたらす。

34
ADANA TWINS ‘UNCOMPROMISING’ (DIYNAMIC)

轟き、炸裂し、噴火する。このような修飾語をいくら並べても、ハンブルグのデュオ、Adana Twinsが3月にリリースした強烈な「Uncompromising」を形容するには物足りない。同曲はDiynamicの主宰、Solomunが直々にチョイスし、同年初頭のBPMフェスにてクラウドを大いに沸かせたことから、8枚目の『Four to the Floor』に収録することにした。

33
DAMIAN LAZARUS ‘I FOUND YOU’ (CROSSTOWN REBELS)

Damian Lazarusの覚醒的な”Day Zero”フェスティバルでクロージング・トラックとしてプレイされて以降、「I Found You」は2017年で最もリクエストの多いプロダクションの一つとなった。このトラックを契機に、Lazarusのバンド・プロジェクト、The Ancient Moonsが自身のCrosstown Rebelsレーベルにて復活することになった。



32
YAEJI ‘DRINK I’M SIPPIN ON’ (GODMODE)

どの収録曲が一番良いかでもめた時には、そのEPがガチで傑作だということを確信する。Yaejiのヴァイブスは神がかり的にスムーズで、誰しも異常なまでに入れ込んでしまわざるを得ない出来だ。従来的な意味でのハウス・ヒットは「Raingurl」だが、違いがわかる人には「Drink I’m Sippn’ On」がクルだろう。

31
​ J HUS FT. MOSTACK & MIST ‘FISHERMAN’ (BLACK BUTTER RECORDS) ​

UKラップ界の三大スターが冬の大三角形をなした。エモーショナルなピアノ・バラードの大傑作だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!