svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

アイスランドの作曲家ヨハン・ヨハンソンが死去、享年48歳

世界はまた天才を一人失った

Mixmag Japan | 12 February 2018

愛される作曲家、ヨハン・ヨハンソンが48歳という若さで他界した。

ヨハンソンは先週の金曜日にベルリンで死去。彼の死は、マネージャーのTim Huson氏によって確認されたが、現時点で死因については明らかになっていない。

同作曲家は多くの人物に愛され、尊敬されていた。映画音楽として『プリズナーズ』、『博士と彼女のセオリー』、『ボーダーライン』、『メッセージ』などを手がけ、その実力の高さを確固たるものとして世に示し、アカデミーやグラミー、ゴールデン・グローブなどでノミネーションを獲得していた。

ヨハンソンが逝去した後、Huson氏は「深く悲しんでいる。今日、比類なき才能に恵まれた音楽家にして、私が知る最も知的な友人が、亡くなった。長い道のりを共に歩いた」と声明を発表している。

2017年にヒット作『マザー!』でヨハンソンと組んだ映画監督のダーレン・アロノフスキーは、「ヨハンソンは紳士だった。彼は頭脳明晰なコラボレーターで、音楽に対して、完全に独自のアプローチを持っていた。これは、多大な損失だ」と語った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!