svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

数々のフェスが2022年までに男女共同参画のラインナップを標榜

将来の音楽イベントについて、男女比50:50を目指す

Mixmag Japan | 1 March 2018

PRS Foundationの音楽産業イニシアチブ”Keychange”は、45を超える音楽祭や国際会議を集結させ、2022年までに男女比50:50のラインナップを提供する音楽祭の創出を目指す。

”Iceland Airwaves”や”Mutek”、”Reeprbahn Festival”などの著名な国際音楽祭が、複数のパートナーやスポンサーとともに、このムーブメントに賛同し、努力することを表明した。

「”Keychange”の女性アーティストや業界のプロのネットワーク、そして賛同する音楽祭による共同での宣言は変化に拍車をかけるはずです」と語るのは、PRS FoundationのCEO、ヴァネッサ・リード氏。「これがきっかけとなり、みんなにとってより良い、バランスのとれた業界になることに期待しています」。

新しいイニシアチブは、既に北米やヨーロッパで女性タレントをプッシュするイベントの形で登場しつつある。今年、ノースカロライナの”Moogfest”はラインナップを全て女性、トランス、そしてノンバイナリーなタレントで埋めると発表し、スウェーデンでは来夏、10,000人規模の”男性禁止”音楽イベントの開催が決定された。

“Keychange”とイニシアチブの詳細については、こちらから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!