svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

アムステルダムの排水が、ヨーロッパで一番多量のエクスタシーを含有

ヨーロッパの19カ国、56都市で実施した試験の結果

Mixmag Japan | 15 March 2018

この排水分析はヨーロッパの欧州薬物・薬物依存監視センターによって「各都市の住民による薬物使用の実態を調査する」目的で実施され、19カ国、56都市の排水が試験にかけられた。「その結果、各都市で流通するドラッグの実態に関する貴重なデータを得ることができ、また、大きな地域差が確認された」。この研究は、2011年から継続されていたという。

アムステルダムの排水はエクスタシーの濃度が最高だったが、コカインの濃度も高く、試験都市中で7位だった。コカイン濃度の高い他の都市はベルギーやオランダ、スペイン、イギリスの都市であり、東ヨーロッパの都市はいずれも低いコカイン濃度を示した。

同研究の全文は、こちらで読むことが可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!