svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

TOTALLY ENORMOUS EXTINCT DINOSAURSが3年ぶりのオリジナル・リリース

自分自身と、世界への誕生日プレゼントとして

Mixmag Japan | 15 March 2018

Totally Enormous Extinct Dinosaursの名前を聞くのは実に久々である。

オリジナルとしての前作は、Mixmagでプレミア配信されたBoys Noizeとのコラボ「Spacer」。実に2015年のことだ。以来、セカンド・アルバムの制作にかかりきりとなったTEEDからは、なんの音沙汰もない状態が続いた。

そしてついに3月8日、自身の誕生日に新作『hiatus』の情報を解禁。特に前情報もなく、自身のサウンドクラウド・ページにて、新曲「Leave A Light On」を公開した。

SNSでは、「自分への誕生日プレゼントとして、久々に音楽を公開したかったんだ」と説明。「これはサウンドクラウド用で、マネージャーも、レーベルも、出版社も、PR担当も、マーケティング担当もいない中でのリリースなので、素人っぽいヴァイブスがあったら、目を瞑ってほしい。自分と、仲の良い友達だけでやってることなんだ。商業的には良くないことだと思うんだけど、長いことリリースから離れてしまっている悪循環を断ち切る必要があったんだ。苦労話は不要だけど、とにかく、アルバム制作が大変だったんだ」。

ヴォーカル・ヘビーなトラックはのっけからメランコリックで、徐々にエレクトロニックなメロディの炸裂へとビルドアップしていく。トラックは以下から視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!