svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

定期的なイベント参加が長寿につながる可能性があることを最新研究が示唆

定期的なイベント参加が長寿につながる可能性があることを最新研究が示唆

Mixmag Japan | 28 March 2018

行動科学の専門家パトリック・フェイガンが“02”に依頼され実施した最新の研究によると、「2週間に一回のイベントへの参加が実に9年も平均寿命を延ばす可能性がある」という。

フェイガンの科学者チームが行なった心拍数及び心理測定テストの結果、ライブ参加時には、被験者の自己肯定感や他者との共感、精神的な刺激等が飛躍的に向上することがわかった。

また、付随する研究によると「定期的なイベント参加と幸福感の間には正の相関」が成り立ち、また、2週間に一回の頻度でイベントに参加していたグループが幸福度や満足度、生産性や自尊心について最も高いスコアをつけていたことも、同研究の結果を裏付けた。

同研究について、パトリック・フェイガン氏は「我々の研究は、健康的な気持ちや幸福度、満足度に対してイベント等への参加が持つ大きな影響力を浮き彫りにしました。また、隔週など定期的な参加が秘訣であることも分かりました。我々の研究結果と02による研究を合わせて考察すると、2週間に一回のイベント参加が10年近くの延命につながる可能性が見えてきました」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!