svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

2018年4月1日、Mixmag本国サイトに仰天ニュースが多数登場

日付が日付だけに、信じるか信じないかはあなた次第…

Mixmag Japan | 3 April 2018

先の日曜日、いつものように週末のニュースをアップしようとPCの前に座ったら、いつもとはちょっと毛色の違うニュースが多数アップされていた。心が純白な訳者は「この週末は変わったイベントがたくさん起きたんだな…」と黙々と翻訳を進めていたが、いくらなんでも、これは一体、というニュースが次々と登場し、さすがのピュア・ハートなミーも「もしかして、これは例のあの日では…」と思い至ったのであった。

それにしても「ギリギリありえそう」な話を狙うのが今年のトレンドだったのであろうか。いずれのニュースもどこか一箇所だけ違和感を感じるものの、信じられるといえば信じられる…否、信じたい! というものばかり。以下に、訳者が信じたい順のランキングを一挙公開!

[No. 1]

ジェフ・ミルズ、宇宙でプレイする初めてのDJに

この記録的な事業の背景にはイーロン・マスクが

「イビザのSpaceが再オープンするっていうジョークなんかじゃない」とジョーク説を否定した書き出しでググっと真実味をアップ。さらに、先日、宇宙服姿のマネキンが乗ったオープンカーを宇宙に飛ばしたばかりのイーロン・マスクが関わっているとなると、「これはもしかしてガチでは!?」と信じたくもなるもの。

しかし、9月に予定されているローンチに「本当はフル・オーケストラを連れて行きたかった」とミルズがコメントしたあたりから話はきな臭くなってくる。きわめつけは、ミルズが宇宙飛行をするのは12時間だが、「地球上ではその間に18ヶ月が経過する」といったあたりで話は嘘確定へまっしぐら。だって、それが本当なら2時間のDJセットをオンエアするのに3ヶ月もかかる計算になってしまい、するとミルズの130BPMのテクノが約0.12BPMになってしまい、全く踊れない。

[No. 2]

Supreme、Pioneer DJとの限定コラボ・アイテムをリリース

自宅のDJセットをグレードアップ

赤地に白のロゴを入れただけでプレミア感が出てしまうのがブランドの魔力…。ニューヨーク、ロンドンの店舗では「最後尾が見えないほどの行列」というあたりで話は胡散臭くなってくるが、その程度の情報と4月1日であるというノイズは無視して信仰を貫いたシュプ好きも少なくないだろう。

記事内では「父親のクレカを借りてきた」というクソガ…裕福な坊ちゃんがインタビューされているが、他人のカードを使うのは規約違反なので、この辺りでさりげなくネタバラシをしたつもりだったのではないかと訳者は推測している。フルセット購入すると150万円ほどと紹介されていたが、訳者がDJを始めた1990年代とはそもそもフルセットにかかる費用が全然違うので、むしろ「その程度でバッキバキの限定アイテムがゲットできるなら安いのでは?」という気にさえなってくる。

無論、それもこれも、「いや、これ、カスタムスキンで良いのでは。」というのに気づくまでなのだが。

[No. 3]

イビザのクラブで水の無償提供が法律で義務化されることに

これで家を抵当に入れなくても思う存分汗をかけるぜ

リード文からジョーク感の滲み出ている文章だが、これはオリジナル記事の作成者の願望が反映されているのではないだろうか。イビザでクラビングといえば、カクテル一杯で2000円、ミネラルウォーターや瓶ビールでも1本1500円ほどする、実にラグジャリーなエクスペリエンスなのである。訳者の大学時代のように、1000円飲み放題でアルコール・タンクを満たしてから入場し、自販機の500円アイテムで喉を潤していたような遊び方は不可能で、財布を気にしながらだと乾きすら癒せず、なるべく汗をかかないように…とけち臭い遊び方になってしまうだろう。

酒場の売り上げを下げるような提案は気軽にしたくはないが、「水やジュースに500円はもったいない」という理由で、許容量を超えてアルコールを飲むクラバーもいることを考えると、日本のクラブでも、乾きを癒すためだけの飲み物(烏龍茶、ポカリ等)については、もうちょっと安く提供してくれるサービスがあったら嬉しいな…と思うことはある。

ランキング圏外、及び「信じたくない」コーナー

Hot Since 82が実は81年生まれであることが判明しファンの間で炎上

面白いけど、そのくらいのことで炎上はしなかろう…

Swedish House Mafia、再結成からわずか1週間で決裂

いずれリアルに起きるかもしれないことを、ジョークにしても縁起でもないと言わざるを得ない。

ベースネクター、アングラ・ツアーを目前に初のテクノ・トラックをリリース

ベースネクターが「アングラ・ツアー」というのも「テクノを」というのも「ちょww」という話なんだろうが、ジャンルの垣根を超えることも、通常と違う規模感のギグをやることも、あらゆるアーティストのポテンシャルを広げる活動だと思うので、正直、冗談にするのは少々…

訳者のランキング&感想は前述の通り。SNSのコメントを通して、読者諸君の感想も聞かせてもらえれば幸甚である。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!