svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

オーストリアのスタートアップが「ハイデフィニション・ヴァイナル」を制作するための資金を獲得

近未来!

Mixmag Japan | 13 April 2018

オーストリアのスタートアップが480万ドルの資金を得たことにより、「ハイデフィニション・ヴァイナル」が現実のものになるかもしれない。Pitchforkによると、早くて2019年にも店頭に並ぶ可能性があるそうだ。

資金獲得は、オーストリアのスタートアップ、Rebeat Innovationが2016年にHDヴァイナルの特許を獲得したことに端を発する。同特許には、従来のLPよりも高音質で、音量も大きく、再生時間も長いヴァイナルの製造方法が開示されている。

HDレコードをプレスするには、オーディオを3次元の地形データに変換する作業が関わってくる。そのデータを元にレーザーでスタンパーを刻み、プレスでヴァイナルに溝を作るのだ。この工程により、レコードは、従来よりも精度の高い音声を記録することが可能になる。

音質に加え、この手法でプレスされたHDヴァイナルは、LPの再生時間を30%長くし、音量についても30%ほどの向上を得ることが可能。さらに、従来のレコード製造に必要だった有害な化学薬品を使用しなくてもよくなり、かつ、このようにして作られたHDヴァイナルはこれまでと同様のレコード・プレイヤーで視聴することが可能だ。

Rebeat Innovationの創設者にしてCEOのGünter Loibl氏曰く、「目標は、10月のMaking Vinyl会議にてテスト盤を披露することです。そこから最終的な調整に8ヶ月はかかるので、最初のHDヴァイナルが店頭に並ぶのは2019年の夏頃だと思います」。

同社は先日巨大なレーザーシステムを購入しており、これが6月には納品される予定だ。システムが稼働すれば、テスト盤の製造が始まり、5つのプレス工場に送付される。最速で、9月にはHDヴァイナルのプレスが始まる可能性があるそうだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!