svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

アンティークなレコード・プレイヤー型のシンクが登場

トイレにもヴィンテージの気品を

Mixmag Japan | 18 April 2018

シャワーで音楽を楽しむ人も多いかもしれないが、電話のスピーカーから鳴らしていたのではちょっと物足りないものだ。

そんなわけで、当編集部ではGianluca PaludiがOlympia Ceramica社のためにデザインしたアンティークなレコード・プレイヤー型のシンクに大注目中だ。

このスマートで直線的なデザインは洗・音共に実際に機能する。アーム部分は蛇口機能を担い、搭載されたノブで水量と湯温を調整可能だ。また、引き出しにはBluetooth対応のアンプとスピーカーが装備されている。SYNC機能については詳細がないが、シンク機能は標準装備だ。

ミラノのデザイン週間で発表されたばかりのこの流し台は、残念ながらまだ発売はされていない。

画像は以下からチェック可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!