svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

新世代のサウンドシステムが展示会「LET’S PLAY VINYL」に登場

展示会では、女性オペレーターにスポットが当たる

Mixmag Japan | 5 May 2018

新世代のレゲエ・サウンドシステム・オペレーターたちを描いた展示会がハダースフィールド大学に向かっている。

写真家のエリオット・バクスターは、レゲエやヴァイナルの伝統をくぐり抜けて進化する、最新の多様なサウンドシステムの姿をポートレートやインタビューに収めることを依頼された。

展示会では、単なるパフォーマーの域を出て、自らのサウンドを作り、運営し、マネジメントしている女性オペレーターたちにスポットが当たる。

バーミンガムのRebel Rockというサウンドシステムのオペレーター、April ‘Rusty Rebel’ Grantは、「ダンスの時によく言われるの。そのレコードで何してるの? って。彼らを驚かせるのは、最高に気持ちが良いわ」と語る。

「レコードを手にした時は、そこに注ぎ込まれたあらゆる努力について思いを馳せるの。もう旅立ってしまったアーティストの場合はなおさらね。それらが全て、このプラスチックの板に刻まれているのを想像すると、凄いことだなって感じるわ。技術的なことも含めてね」。

展示会は5月10日にオープン。サウンドシステムのワークショップも複数開講される。

以下は、展示会からの写真だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!