svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

テクノが、BEATPORTで最も売上のあるジャンルのポジションを維持

同プラットフォームは、本年、7%の収益増となっている

Mixmag Japan | 24 May 2018

「インディペンデント系の音楽やレーベルの成長に貢献する」ため、Beatportは、「Hype Charts」と呼ばれる新機能を導入する。

6月にローンチする機能は、零細なレーベルにもっと光が当たるようにし、世界中から、独特で注目すべき楽曲をより発見しやすくするという。同プラットフォームによると、Beatportの音楽販売の96%はインディペンデントからのリリースであり、毎週25,000ものリリースが追加されているそうだ。

Beatportの最高商品責任者のTerry Weerasinghe氏は、新機能によって、これまで発見されにくかったような楽曲が日の目をみるチャンスが増えるという。また、これにより「DJたちは、ストア内の楽曲をより深く掘ることに積極的になるだろう」と説明する。

新機能と同時に、Beatportは、売れ線のジャンルについてのランキングも発表した。Techno、Tech-house、Houseが1〜3位を占める(下図参照)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!