svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

イビザの反対運動グループがビーチ・クラブの騒音に対して即刻対処するよう要請

苦情は議会へ

Mixmag Japan | 25 July 2018

イビザの反対運動グループ「Prou!」がビーチ・クラブの出す騒音について関連地区の議員に苦情を陳述した。

先月の会議において、イビザの観光を司るVicent Torresは「現在あるビーチ・クラブはすべて違法」であることを確認した。

同グリープは、それぞれがレストランと偽って違法にクラブ営業を営んでおり、地域で認められている合法なデシベル数を超えて騒音を発生させていると告発。

地元紙によると同グループは「即刻」の対処を求めており、また、いつ、どのように各ビーチ・クラブが対応するのかの公式声明を求めている。

3月には、サンアントニオの議会がウェスト・エンドのバーやクラブに対して午前3時閉店の門限を課したばかりだ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!