svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

トランプの中国製品に対する輸入関税がMOOGに深刻な影響を

新たな輸入関税が雇用の減少や製造の海外移転を促すか

Mixmag Japan | 3 July 2018

中国製の基盤や部品類に対する米国の関税によって、アメリカを象徴するシンセサイザー・メーカーが製造を海外に移転させたり、従業員を解雇することにつながるかもしれない。

Moogは、60年以上に渡り米国で事業を展開し、100人ほどの従業員を雇用している。同社製品を製造するのに必要な部品の約半分は中国製で、25%の関税により、Moogシンセサイザーの製造費をかなり増加させてしまうことになる。現在、Moogは部品を米国内で調達できるように動いており、これにより既に製品価格の高騰が始まっている。

これに対しMoogは、「選挙で選ばれた人々に、新関税がMoogのような米国企業にとって非常に有害であることに気づいてもらえるように説得し、(我々を)サポートして欲しい」という主旨のキャンペーンを実施。同社機材のファンが簡単に支持できるよう、キャンペーン・サイドは手紙のテンプレートを提供している。

関税は、中国との貿易格差を縮める狙いでトランプ政権によって導入された。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!