svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

LOBSTER THERMINの主宰、ASQUITHが自費プレスのホワイト版でデビュー作をリリース

自分の名前でのリリースは初

Mixmag Japan | 6 July 2018

Tom HangやChicago Flotation Deviceなどでリリース歴のあるLobster Therminのボス、Asquithが、自分の名前では初のリリースとなる「The Conditioning Track」を8月3日に発売すると発表した。

新EP、ASQ001では、これまでに活用してきた名義の作風からは離れ、Asquith本人のスタイルを披露している。A面のNYCミックスはガラージ・サウンドと力強いドラムスが特徴的な一曲。対するB面には、夏の日のテラスが似合いそうな「North Londonミックス」が収録されている。

北ロンドンのスタジオから直送となる手作りの12インチ・レコードは、Asquith本人によるホワイト・レーベル・リリースであり、本EPにあたっては、自身のLobster Therminレーベルからは距離を置く形となった。

本夏は日本ツアーとベルグハインでの出演が予定されており、各所のダンスフロアーで「The Conditioning Track」を耳にする機会もあるだろう。

NYCミックスは以下から視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!