svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

高さ30メートルの巨大なミラー・ボールが本年のバーニング・マンに向けて出発

プラーヤに集いし者たちの烽火

Mixmag Japan | 10 July 2018

高さ30mの巨大なミラー・ボールが、本年のバーニング・マンにて、フェス来場者の烽火として設置される予定だ。

デンマーク人の建築家、Bjarke IngelsとJakob Langeが率いるアーティストと建築家の集団によって建設されるこの構造物は、空気で膨らますことが可能な、重さ30トンのミラー・ボールで、The Orbと名付けられている。地球の50万分の1の縮尺で作られており、直径はおよそ30m。建設後は、長さ32mのスチール製マストに支えられる。

プロジェクト・リーダーたちは、The Orbのビジョンについて「…地球を愛する人々のための鏡です。一日の移り変わり、生命の進化や展示されるアートを反射する…SFファンにとっては新しい惑星で、来訪者にとっては道しるべとなり、パーティ好きにとっては単なる巨大なミラー・ボールでも良いのです」と説明する。

以下のビデオでは、3DアーティストがThe Orbのレンダリングの様子を紹介している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!