svgs_arrow-01-l svgs_close svgs_heart svgs_menu svgs_play svgs_stop svgs_arrow-02-b svgs_facebook svgs_instagram svgs_line svgs_search svgs_soundcloud svgs_twitter favorite player svgs_arrow-03-r svgs_setting svgs_slide-menu-bottom svgs_arrow-01-b more gift location recommended star clear

NEWS

ジェフ・ミルズのエレクトロニック・ジャズ・カルテット、SPIRAL DELUXEがデビュー・アルバムを発表

魔法使いが贈る、ジャズ・フュージョンと「黒魔術」

Mixmag Japan | 11 July 2018

テクノの鬼才、ジェフ・ミルズが、自身のエレクトロニック・ジャズ・カルテット、Spiral Deluxeによるアルバム『Voodoo Magic』(訳注:黒魔術)をリリースすると発表した。

ジェフ・ミルズは同グループを2014年に結成、2つのEPをリリースし、個性的なジャズ・フュージョン・カルテットとしてヨーロッパとアジアをツアーした。Spiral Deluxeでは、ミルズがドラム・マシンとパーカッションを担当し、Underground ResistanceのGerald Mitchellがキーボードを、大野由美子がMoog Synthを、そして日野賢二がベースとヴォーカルを担当する。

今回発売される5トラック入りのアルバムは、パリのStudio Ferberにて二日間で制作され、いずれのトラックもワンテイクで録音された。同アルバムには、デトロイト・ディープ・ハウスのイノベーター、Terrence Parkerによるリミックスも収録される。

『Voodoo Magic』はミルズのAxis Recordsレーベルより9月7日に発売。

アルバムのティーザーが以下から視聴可能だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でMixmag Japanをフォローしよう!